借金返済は家族に隠さない事

家族

40代サラリーマンのある男性は、どこからどう見てもまじめという言葉が似合う人でしたが、実はひそかにギャンブルにはまってしまいました。 ギャンブルというのは、しない人には理解できないことなのですが、やればやるほど楽しくて興奮し、途中でやめることができないのです。

気が付けば借金までするようになっていました。 しかもその借金は、給料の中から返済できるような額ではありません。 どうやって借金返済しようかと思っていると、ついつい良くない方法も思いついてしまいます。 そんな時はどうすればいいのでしょうか。

もっとも大切なのは、借金があることをまず家族に打ち明けることです。 家族に打ち明けるのは勇気がいることかもしれません。 見放されたらどうしようと心配することでしょう。 また、馬鹿にされることも避けられません。

借金返済しているとなれば、自分の面子は丸つぶれです。 子供には知られたくありません。 いろいろ考えると、やはり自分ひとりでなんとか工面して返したほうがいいのではないかと思うかもしれません。 額にもよりますが、ギャンブルをしてできた多額の借金の場合、家族に打ち明けるのが最善の方法です。

自分が道楽でしたことですから、この際恥ずかしいとか体裁が悪いなどと言っている場合ではありません。 恥ずかしい思いは自分がしたことの授業料だと思うしかありません。 もう二度とこんな思いはしたくないと心に銘記するなら、借金で同じ間違いをせずに済むかもしれません。 最初に述べた男性は、勇気を振り絞って借金返済していることを家族に打ち明けました。

告白をした結果、家族の協力を得ることができた

同居していた奥さんの両親にも告白したのです。 どうなったでしょうか。 離婚を覚悟していました。 ところが家族の反応は思ってもいないものでした。

奥さんのお父さんは男性を叱りつけるどころか、これから一緒に家族みんなで借金の返済をしていこうと言ってくれたのです。 ほっと胸をなで下ろし、それとともに二度とこんなことで家族に迷惑をかけないようにしようと思ったに違いありません。 これは理想的なケースかもしれません。

でも、家族に借金を打ち明けることにより、こうした助けを得ることができたのです。 勇気のいることですが、正直に話すことにより、味方になってくれるに違いありません。 借金返済を隠し続けていて、それがばれるなら信頼を失うかもしれませんが、正直に話すことにより思ってもない心強い応援を得ることができるのです。 家族というのは、そういう時こそ助け合いが必要なのではないでしょうか。