借金返済は家族に隠さない事

家族

40代サラリーマンのある男性は、どこからどう見てもまじめという言葉が似合う人でしたが、実はひそかにギャンブルにはまってしまいました。 ギャンブルというのは、しない人には理解できないことなのですが、やればやるほど楽しくて興奮し、途中でやめることができないのです。

気が付けば借金までするようになっていました。 しかもその借金は、給料の中から返済できるような額ではありません。 どうやって借金返済しようかと思っていると、ついつい良くない方法も思いついてしまいます。 そんな時はどうすればいいのでしょうか。

もっとも大切なのは、借金があることをまず家族に打ち明けることです。 家族に打ち明けるのは勇気がいることかもしれません。 借金返済が原因で見放されたらどうしようと心配することでしょう。 また、馬鹿にされることも避けられません。

借金返済しているとなれば、自分の面子は丸つぶれです。 子供には知られたくありません。 いろいろ考えると、やはり自分ひとりでなんとか工面して返したほうがいいのではないかと思うかもしれません。 額にもよりますが、ギャンブルをしてできた多額の借金の場合、家族に打ち明けるのが最善の方法です。

自分が道楽でしたことですから、この際恥ずかしいとか体裁が悪いなどと言っている場合ではありません。 恥ずかしい思いは自分がしたことの授業料だと思うしかありません。 もう二度とこんな思いはしたくないと心に銘記するなら、借金で同じ間違いをせずに済むかもしれません。 最初に述べた男性は、勇気を振り絞って借金返済していることを家族に打ち明けました。

●借金返済方法を理解するには こちらの借金返済方法.netを読むことをお勧めします。

告白をした結果、家族の協力を得ることができた

同居していた奥さんの両親にも告白したのです。 借金返済のことを言った結果、どうなったでしょうか。 離婚を覚悟していました。 ところが家族の反応は思ってもいないものでした。

奥さんのお父さんは男性を叱りつけるどころか、これから一緒に家族みんなで借金の返済をしていこうと言ってくれたのです。 ほっと胸をなで下ろし、それとともに二度とこんなことで家族に迷惑をかけないようにしようと思ったに違いありません。 これは借金返済の告白で理想的なケースかもしれません。

でも、家族に借金を打ち明けることにより、こうした助けを得ることができたのです。 勇気のいることですが、正直に話すことにより、味方になってくれるに違いありません。 借金返済を隠し続けていて、それがばれるなら信頼を失うかもしれませんが、正直に話すことにより思ってもない心強い応援を得ることができるのです。 家族というのは、そういう時こそ助け合いが必要なのではないでしょうか。

子供の進学のため借金したが返済に苦労した話

うちの子供は小さな時から動物が好きで、獣医さんになりたいと言っていました。 勉強に対する意識も高く、出来の良い子だったため、私たち両親もなれたらいいねと軽い気持ちで答えていました。

大きくなったら気持ちも変わるかなと思っていたんです。 しかし、子供というのは案外そのまま成長するもので、高校受験の時には県内で一番偏差値の高い学校を目指し、高校一年の時から獣医学部を目指しているから、と報告を受けました。

なんとか塾に通わせてあげるお金はありましたが、大学となればまた別です。 獣医学部は理系大学の中でもお金のかかる方だし、日本には元々少ない学部なので、一人暮らししなければ通える範囲に大学がありません。

これまでは、子供のやりたいがままに勉強をさせてきましたが、ここでお金がないから駄目だというのも可哀想で、私たち夫婦はなんとか借金をしてでもお金を作ろうと考えました。 私は周りからお金を借りたりして利子のない借金返済をしたいと思っていましたが、これには旦那さんが猛反対でした。 お金の切れ目が縁の切れ目になることは多いから周りからの借金はやめた方がいいと言うので、結局は銀行から借金をしてお金を借りることにしました。

一度借りたあと、まだ足りないとなるのが嫌で気持ち多めに借金をしましたが、それでもギリギリか少し足りないくらいお金がかかりました。 借金返済は、子供が大学に行くようになってから私が仕事を増やして返そうと思っていました。 ですが、私もいい歳なので体調を崩したり、不景気で仕事の早上がりが多かったりと思うようにお金は増えず借金返済は捗りませんでした。

また、ちょうど家の老朽化も進み始め、家の修繕費にもお金を取られることになりました。 結局見かねた私の実母が、いくらかお金を援助してくれて、なんとか借金を返済することが出来ました。 一度借金の返済を経験してわかったことは、返せない額なら借金はしない方がいいということです。

多額の借金でも頑張って返済すればいいと思った矢先、体調を崩す等未来の保証はないなと思いました。

長期の返済は思った以上に困難

結婚を機に一部借金をして、マンションを購入しました。 嫁には、「結婚したら絶対にマイホームが欲しい。」と言われての購入でした。 当時、若かった私は多額のローンを組んだことがなく、全てが初めての借金体験でした。

ローンを組む際に必要な多数の借金のための書類に時間をかけて目を通す暇もなく、署名と捺印を求められました。 これから始まる長い年月の借金地獄への道へ入る書類の数々でした。 それから、数千万円の借金を返済していく生活が始まりました。

ローンを組んで借金をした時は、景気も悪くなく仕事も順調だったので、割と苦もなく家賃を払うような感じで返済をしていました。 ただ、借金返済にはボーナス払いというのがありましたので、その月は、毎月のローンの支払いに上乗せする形でしたので大変でした。

月日が経つにつれ、子供たちも大きくなっていき、借金返済の費用だけでなく教育費など、いろいろと費用がかかってきました。 景気の雲行きもあやしくなりだし、勤め先の会社ではボーナスカットなどの経費削減が行われました。 ボーナスがなくなると、毎月ぎりぎりの生活をしていた我が家は借金返済に苦心することとなりたちまち火の車です。 数十万円のボーナス払い予定の借金返済が滞りました。

その時は子供もまだ小さかったため、妻も働いておらず、本当に返済に困りました。 何度か実家に頼み込んで、借金返済のボーナス支払いをやっとの思いで終えました。

ところが、今度はリストラが行われ、失業してしまいました。 それでも、月々のローンの借金返済は、待ってくれません。

必死で仕事を探しても、景気も悪かったので、そう簡単には見つかりませんでした。 そんな体験から言えることは、人生がこの先ずっと順調に行くとは限らないので、そんな時は、助けてくれる人がいるか、貯金があるか、支払いが可能かどうかも検討してから、借金をするべきだと思います。